死ぬ前に1回飛んでおこう!ケアンズで人生初のスカイダイビングに挑戦

ボクが小学生くらいの時、何かのTV番組で、誰だか知らんかったけど、芸能人がスカイダイビングをした。その時の感想が、

人生の見方が変わる!1度やっておいた方がいいぞ!

小学4か5年生だったボクにはその言葉が、グッサーっと突き刺さり、24歳になるまで頭の隅っこにしまってあった。

それがついに、簡単に叶えることができる日がきた!

死ぬ前に1回飛んでおく!人生初のスカイダイビング

日本に居るときは怖くてなかなか挑戦できなかったし、海外(南国)の壮大な景色の中で飛びたかったんだ!

恐怖感については、ホームレス経験や、10ヶ月のAUを旅してきたおかげで、全くなかった。(うそ、2割くらいは恐怖心あったw)

トリップアドバイザーで予約を進め、まずは高度を選ぶ。もちろん選択肢の中では一番高い15000フィートを選択!

当然インストラクターと一緒に飛ぶタンデムスタイル!

それだけで料金は200$くらい(オフシーズンだったので安い)!オプションをつければ空中で、

  • 写真撮影
  • ビデオ撮影

をつけることも出来たが、笑っていられる自信がなかったし、飛ぶ前に陸上で記念撮影だけで十分だ!

当日、ボク以外日本人はいなかったが参加者はとても多く、上の写真の待機所で1時間以上待ち時間があった。

順番に帰ってくる人たちがハイテンションで感想を口からこぼす。

先に飛んだ人達を見ていると、わくわくと緊張で落ち着いて座って待っていられなかった。他の人も皆ウロウロ(笑)

いよいよヘリに乗り込む時がきた

とうとう順番がきたその頃には、天候が怪しくなってきてしまう、この時期ケアンズは不安定な天気が続くから、想定内のできごとだった。

ヘリに乗り込み、ボクは写真のお兄さんとタンデムジャンプするから、色々仲良くなるためにお話をする。

ただ単に興味があって知りたかったから、

 

ボク

ボク
今まで何回ジャンプ(スカイダイビング)したことある?

 

と聞くと、

『500回以上だよ!それじゃあ心配かい?』

 

ボク

ボク
あはは!ただ気になっただけだよw

 

ヘリに乗っている時間はテンションが上がる一方で、会話が弾む!日本のヤクザの事や、ボクが滞在していた『asylum』という宿はクレイジーだよな!とか

ヘリから飛び出す時の気持ち

そうこうして、あっという間に上空15000フィートのポイントに到着する。すると先頭の組が

『ヒューン…』

続いてリズムよく

『ヒューン…』『ヒューン…』

このリズム、オーストラリアらしい、淡々としているぞ。

そしてボクの番の直前で!w

お兄さん『いいか、始めは両手を胸の前で交差するんだ。風に乗ったらオレが合図するからその時に両手を広げるんだ!!』

ジャンプ直前で説明されて、いざ飛んだけど、言われたこと全然守れなかったよ(笑)

怖いのはヘリから落ちる瞬間だけ、その瞬間だけは

『や~人がヘリから落ちちゃったよ!!』

って気持ちになるけど、直後には風に乗ります。

【落ちているのではなく、ただ強風を全身で浴びているだけ。】という感覚になります。

分厚い雲を抜けた瞬間パラシュートを広げて降下。

フリーフォール60秒と聞いていたけど、感覚的には30秒くらいだった気がします。

雲を突き破ると天気はちょっと雨で、とにかく寒い!雲の上と下はまるで別世界です。

それでも楽しいことは間違いない!

左右に操作できるパラシュートだったが、それが気持ち悪くなって、安全ベルトのキツイ締め付け感と、寒さによってかなり体力をもってかれたが、それ以上に感動はあった!

着陸すると、他の参加者が『Crazy!!』と発狂する、まさにその通り、Crazyという言葉の使うタイミングはまさにこの瞬間!

いつかスカイダイビングをしたいと考えの人へ

これからスカイダイビングに挑戦される方は、

  • 暖かい時期
  • 晴れていること

このふたつは必ず条件にした方がおすすめです。

なぜなら、この条件が整っていないと。

  • 少し肌寒い気温で、
  • 半袖もしくは薄着で、
  • バイクで時速200キロだす

この状態と同じです!凍えますw

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。