メルボルン生活~海外の路上パフォーマンス【バスキング】

ボク

ボク
アートの街メルボルンでは、

路上でBusking(バスキング)と呼ばれる

路上パフォーマンスをして生計を立てている人が沢山います。

その人をバスカーと呼びます、

日本語では大道芸人にあたります。

メルボルンのバスカー達

日本ではまだまだなじみの薄い文化ですが、

西洋ではパフォーマンスを見たら、それに見合った賃金(チップ)を払うことが
常識的とみなせれているので、

バスカー達はしっかりとした、まとまったお金を稼ぐことができます。

よって、同じ芸を東京とメルボルンでしたら

稼げる金額が大きく違います!

オーストラリアでは、シドニーやブリスベンにケアンズ

どこの都市にもバスカーとして生きている人は少なくないのですが、

最もバスカーが認められていて、

人気もあり各々の実力も高い地域は

ダントツでメルボルンです!!

街を歩けば
今まで、バスカーを見なかった日は一度もありません。

そのジャンルも幅広く

  • 絵を描く人
  • 楽器を奏でる人(多ジャンル)

    ↑この人たちカッコよくて、CD買ってしまいました。

  • 衣装をまといピクリとも動かない人
  • ダンサー
  • 昔ながらの操り人形を魅せる人
  • ビートボックス
  • 手作りアクセサリーを売る人

かなりザックリですがこんな感じです。

街はいつも賑やかです。

再生時間 1分41秒


再生時間 50秒

バスキングに挑戦してみた

路上パフォーマンスはポピュラーな文化と親しまれているが、

さすがに
許可なしで勝手に路上で何かをするのはNGです!

バスキングを始めるにはまず、

city hall(市役所)に行って

  1. 申請書を提出
  2. 講習を受ける
  3. ライセンスを取得する

このような手順を踏む必要があります。

と言っても難しいことはなく、

誰でも簡単にライセンスをGETできます!

費用もいくらかかかりますが、スミマセン正確な金額は忘れましたw

たしか数千円程度です。。

アクセサリーなどを売る販売系は、もう少し高めだった気がします。

 

しかし、
ボクがオーストラリアでバスキングをしたのは、

ほんの数回。。

というのもボクのジャンルはダンス!

中でもブレイクダンスは盛り上がるし、バスキングには向いているのですが。

1人でやるには一回あたり30分~1時間が体力の限界で、

続かず途中で断念しました(^-^;

30分で約6$くらい、時給1000円ちょいくらいですかね。

実力に自信がなくても、頑張ればそこそこ稼げます。

生計を立てている人もいる!バスカーは真剣なお仕事です

毎回ですが、かなり緊張します。。

初めての日、隣にいた音楽系のバスカーと場所について口論になったことがあります。

 

隣のバスカー

隣のバスカー
オレもここで音楽使うから、音がかぶるから隣でやらんでくれる?

 

後から来たくせにそんなこと言われて納得いかなかったが

かなり雰囲気が緊迫していて、、

ビビってしまい言われるがまま場所を変えました。

後になって気づきましたが、きっとあの人はボクと違って

「趣味や遊びではなく、生活がかかっているんだと。」

いや
メルボルンのバスカーは皆そうです。

ボクみたいな、甘っちょろい気持ちでやっている人はほとんど見ません。

バスキングと平和

自分に真剣さが足りないと思ったボクは、バスキングをすぐやめましたが。

人のショータイムにいきなり途中参加することにpeaceな空気が生まれることに気づいて、

よく乱入していました(笑

でもパフォーマーならわかると思いますが、

なんでもかんでも乱入するのはかなりマナーが悪いですので。

  • ミュージシャン
  • ソロダンスを回し見せするダンサー集団

など

混ざっても問題なく、むしろお互い楽しめるような乱入をしていました。

もちろん、というか当たり前ですが。

それで得たチップもいっさいこびらないようにしていました。笑

中でも一番peaceだな~と感じた1日は

シンセサイザーを使って演奏する1人の白人青年の前で

全く関係ない黒人3人組がいきなり踊りだす

リズムにつられてアジア人であるボクも混ざる

白人、黒人、アジア人のコラボがメルボルンでは至って自然に生まれる。

音楽で皆がハッピーになったあの瞬間は、今でも鮮明に覚えています。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。