ケアンズで1番安いバックパッカーズでの生活がスタート

オーストラリアに入国して2日目に、バーで出会い意気投合して

シドニーでしばらく行動を共にしていた

『ショー君』に電話をかけてみました。

すると

ショー君も数日前からここケアンズに来ているという

なぬ(‘_’)

 


日本に帰国したらまた会おうね

 

なんて言ってお別れしたはずなのに、

まさかたった半年で、しかも日本じゃなくオーストラリア国内で再開するとは。

不思議なもんじゃ!

 

入国2日目は楽しい時間を共有!あっという間の1日 昨日出会ったお二人も同じくらいに起きて これから3人でシドニーの街...

ショー君と出会った時の記事↑

 

金がないぞ、どこに滞在しようか

ショー君が数日前からステイしている

Asylum(アサイラム)

という名のバックパッカーズ

Asylumの意味は

  • 精神病棟
  • 収容所
  • 亡命

などヤバい意味です!w

アサイラムにステイしていることを、地元のオージーに話したとき

『クレイジーな所にステイしてるな~!笑』

と言われて、その意味を知りました。

場所は
街からすこし離れたところにあり(徒歩20分弱)

8人ドミトリーで14$~17$くらいでケアンズ最安値でしたが

テントを持参すれば、ホステルの庭に一泊10$で泊ることができる!

ボクとショー君は数日後、

スーパマーケット「Coles」で10$のテントを購入します!

ヨッピはすでにテントを持っていたので

初日からキャンプスタイル!

日本人メンズ3人でクレイジーな宿生活が始まりました。

ここはケアンズ1安いホステルだけあって、

他のゲストも個性的な人たちでいっぱいでしたw

難航する仕事探し

ケアンズのクレイジーな宿に滞在して毎日何をしているかというと

仕事探しです(;´▽`A“

何か面白いことがない限り、朝と晩以外のお昼の時間帯は

3人とも各々別々に行動します

ショー君は何をしていたか分かりませんが、

現代っ子のボクとヨッピは決まって

フリーWi-Fiのつながる

図書館やORCHID PLAZAに向かい

ネットを使って毎日カタカタ仕事探し…

だが一向に仕事は見つからないというか

ないんです!(笑)

ネット以外にも

レジュメ(履歴書)を作成し、街を散策して手当たり次第に配っていったりもしたが

 

ない!(泣)

 

ケアンズに滞在して、しばらくしてから気づいたのですが、

6月7月のオーストラリアは冬にあたり

ファームの仕事は閑散期になります。

数少ない仕事を求めて、ボクらと同じように他の都市から

比較的あたたかい土地、ケアンズに沢山の人が集まるが、

街のサイズからして、人手は十分あまっている。。

そんな悪循環の中で、ボクらはもがいていたのです。

 

街にはこんな人も

↑ケアンズのバスカー↑
路上に置かれた紙にはこう書かれていました。

  1. I’m looking for a job
  2. I’m looking for free accommodation
  3. I’m looking for LOVE

私は仕事と住む所と【愛】を探している(>_<)

数日後、写真のロックンロールなお兄さんも

アサイラムに来てました(笑)

本当に仕事がなく

ボクらだけではなく

英語ペラペラなヨーロピアンまでも口をそろえて言っています。

『人が集まりすぎて仕事がない』

という始末です。。

ファームはあきらめてCity Job(居酒屋とか寿司屋とか)をあたってみましたが

びっくりするくらい無く、、

みんなが無職だこの街(´▽`)♪

 

P.S
【Cairns】カタカタでケアンズって書くけど

実際オージーが発音すると【カーン】または【ケァァン】って聞こえる

【Sydney】シドニーも【スィッニー】

ドの部分ははほとんど発音しない

メルボルン空港で

Cairns行きの注意アナウンスが聞き取れず、危うく飛行機に乗り遅れそうになったこともあるので

地名の発音は難しく、初めてその地に訪れた時わかったりします。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。