道で出会ったリトアニア人はスゲー奴だった!ケアンズのカジノで無料映画

いつものようにフリーWi-Fiスポットにいすわり

ケアンズやこの近辺の街で、ファームジョブ情報をひたすら模索していました。

日が落ちてきたころ、あの宿に帰ろうとトボトボ歩きだしたら。

 

謎の白人

謎の白人
ヘイ!これから映画見に行かないかい?

 

やいや!唐突過ぎるにも程があるでしょ…w

 

ボク

ボク
え?いや

金ないし、うーん、帰らなきゃ!ありがとう。

 

謎の白人

謎の白人
知ってるかい?カジノに行けば誰でも

無料の映画と無料のコーヒーが楽しめるんだよ!

 

ボクはそんなうまい話はない!と内心思って警戒したが

何かおもしろそうな匂いを放つ、

ロン毛で金髪、イケメンで背は190㎝以上の謎の男に

ついていってみました(´ー`)

なぜなら、ボロイ服に身をまとった、いかにも金がなさそうなアジア人のボクを

どうしよってんだ?

それに

盗られるものなど、このお命以外、たいしてなかったしね。

謎の白人はスゲー奴だった

互いのことについて(8割以上相手のことw)話しながらカジノまで歩いて行きました。

名前は【カジ】というリトアニア出身で

大学はカナダの学校を出て、その後もカナダに住んでいるようです。

長期休みでアメリカ大陸を

 

カナダ→アルゼンチンまで縦断して

オーストラリアに入り
メルボルンからケアンズまでヒッチハイクで旅してきたらしい

 

夜はテントで野宿して、ほとんど金を使っていないんだとか。

荷物も驚くほど少なく、デイバックくらいのリュック一つに

テントと登山用具と衣類が、少し入っているだけだった。

なにより純粋な人柄で、すぐ人に声をかけたがるのです。

カジノに着けば、

コーヒーマシーンの場所やトイレ、映画鑑賞ブース

など、ちょっと探せばわかるのに

すぐ知らない人に声をかけちゃうんです(笑)

上手く生きるにはコネクションが大事だ

シュガーインの甘いコーヒーを二杯、両手に持って

映画鑑賞ブースに着席したボクら2人

カジの言っていた無料というのは本当だった。。

 

ボク

ボク
本当に映画が見れるじゃないか!

カジは色々知ってて凄いね。

どうやって知ったの?

 

カジ

カジ
コネさ!この世を賢く生き抜くにはコネが大事なんだ、

今日はないみたいだけど、ポップコーンや軽い食事が出される日もあるんだ!

 

映画は『ライフオブパイ』


出典:Yahoo映画

もちろん海外にいたボクは、この作品のことなど聞いたこともなく

日本版もあったことすら知らなかった。

当たり前ですが、ここはケアンズなので音声は全て英語です。。

約2時間の映画が終わり、カジが一言

 

カジ

カジ
どうだった?理解できたかい?

 

ボク

ボク
ほとんど!!

分からなかったけど

すごく面白かったよ。。

 

実際会話のシーンの6~7割は理解できなかったが、

この状況、

ついさっき出会った人と、いまいち言葉のわからない映画を、

海外の知らないカジノで、タダで見ている

という感覚が不思議と心地よくて、映画の世界にどっぷりハマることができた!

映画は、少年とトラが小さなボートで何カ月も漂流するという話なのですが。

少年が途中、美しい無人島に流れ着くシーンを見て

 

『今は自分も冒険しているんだ』

『この映画は他人事じゃない』

 

と、映画に過度に共感を抱き、その時は気持ちが高揚していた!!

カジ、パスポートをなくす。。

楽しい映画も終わり、席を立つとカジはまた誰かに話しかけていたw

今度は白人の美女だった。

なんか状況が分からないが3人で夜の海辺を散歩。。wもうメチャクチャな展開

今までボクの英語力に合わせてくれていたカジだったが、

この時は女の子と2人でペラペラしゃべっている。

たまにボクも会話に混じる、

という感じで20分くらいダラダラしました。

美女が帰っていくと。

 

カジ

カジ
そろそろグアム行きの便が出るから、オレも行くよ!

 

と言って、

 

なんと走っているバスをまるでタクシーを拾うかのように
手で止めた( ;∀;)

 

しかもここはバス停じゃないのに、止まるバスw

彼がアメリカ大陸縦断や、約3000㎞のヒッチハイクの旅を

やってこなせた理由がわかってきた。

バスに乗ったと思ったら、すぐに降りてきた。

 

カジ

カジ
パスポートを落としたようだ!

 

と、顔色変えずそう言った。

一緒に来た道を引き返し、カジノの中も探したが見つからず。。

しかし彼は1ミリも動揺していない。。

 

ボク

ボク
とても元気そうだけど、、心配じゃないの?

 

カジ

カジ
たいした問題じゃないよ、それにもう1枚持っているから、とりあえず空港に行って、相談してみるよ!

 

と、わけのわからないことを言って、再び近くのバスを手で止めて去っていってしまった。。

そもそもフライト時間ギリギリまでカジノで映画見たり、バスを手で止めたり、

ハチャメチャすぎるカジの人間性に、ボクは口が空いてしまう。

最後にもう一度会うことになる

彼が去ってから、宿に帰って数時間後だった。

満面な笑みのカジが、受付でチェックインをしているじゃないか(‘_’)💦

 

カジ

カジ
お!やっぱりここで合ってたか~。

飛行機は見逃しちゃって、明日の便で再出発するから帰って来たよ!

 

ボクが
『sylum(アサイラム)にステイしている』

とさりげなく言った一言を覚えていたみたいだ。

彼もテントがあるので、宿の庭にキャンプスタイルで一泊する。

毎晩の繰り広げられている宿泊者たちの宴に、もちろんカジも参加する。

ここで発覚したが、彼の住んでいる地域はカナダのフランス語圏である(ケベック州

なので、

母国リトアニア語に加えて、英語・フランス語

を話すので、

フランス人集団とも仲良くなっていました。

 

カジ

カジ
RYUJIもフランス語勉強するチャンスだよ!こっちこいよ!

 

たった2つ年上の人間に、何から何まで経験値と行動力の違いを見せつけられ、

ボクはその時
『英語力も乏しい自分はまだ、スタートラインにすら立っていない』

そう思いました。。

カジに出会ったことは自分にとって新しい衝撃で、身の程を知る良いきっかけとなりました!

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。