大分駅から天ヶ瀬温泉まで自転車で行くは難儀!己は山を越えられるか

ボク

ボク
バックパックを背負って、カチンコチンのサドルにまたがって、

十分な装備もないまま、鹿児島から大分へ向かうは

難儀であることが予測できたので、

夜行バスに乗って、大分駅までひとッ飛びすることにします。

 

 自転車で日本の山々を越えるも難儀である

自転車はカバーなどに包み込めば、バスの下部にあるスペースに積めることが出来ました。

目的地の天ヶ瀬温泉には、大分駅から汽車で約2時間のところに位置します。

距離にして約100キロ。

ボクは汽車賃をケチって、ここから先は自転車にまたがることにします♪

※しれっとビックリポイント※
大分は電車ではなく、線路をディーゼル車が走っています。

 大分駅から別府までは楽しいサイクリング

大分駅から別府までの道のりはアップダウンもほぼ無く、楽しく走ることが可能です。

海辺をのんびり走って、風が心地よいです。

このまま別府温泉で1日のんびり過ごしてやりたい所でしたが、先をいそぎます!!

思っていたよりもシンドイ!日本の山々を越える

Google mapの機能で、地形を表示することが出来るのですが。

そうすると、地図上に山の存在がハッキリ確認することができて、

高度を調べることができます。

のちに挑戦しようと企んでいる、

九州から実家のある埼玉までの自転車の旅では、

この地図を見て、極力山道を避けて行こうと思っているのですが。

今回は、ちょこっと練習として、

別府から湯布院までの山道を自転車で走ると、どんな感じなのかトライしてみました。

Googleマップのナビ案内どおりに進むと、山への入り口が民家を突き抜けるっぽいw

だいぶ上ったかと思えば、まだ下には別府の街が見える。

由布岳かな?

寒いのは平気

1月末の湯布院周辺の山々は雪がさんさんと降り積もっており、めちゃ寒いのですが。

自転車をこぎ続けている限りカラダはポッカポカなので、寒さ対策はそこまで気にする必要はないかな。

やっぱりバックパックは背負っちゃダメだったね

1時間も漕いでいると、

首や肩周りがガチガチに血流が悪くなってくる!

湯布院到着後には、肩の筋肉がつりそうになる。

体が危険信号を出してきました。

サドルは相変わらず痛いので、基本的に立ち漕ぎスタイル!

何が1番辛いかって、道幅が狭いこと

体力的には、言う程キツイことはありませんが、

精神的にくることがあります。

それは、車が横すれすれを通ることです。

カーブ中に追い越されて、対向車と正面衝突なんてしたら、

ボクのせいになるんじゃないか?

とか考えて、常にそれがストレスになります。

 ゆふいんまで自転車で来てみると分かる日本の地形

山道を人力で走ったあとに、突如として現れる湯布院の町を見下ろすと。

『さっきまで何もなかった山の中に、こんなに賑わった町があるんか(゚Д゚;)』

といったのが第一印象。

汽車を使っていたら気づけなかったと思います。

今まで登ってきた高さから、いっきに下っていくのは最高に気持ちよい♪

到着してすぐ、暖かいラーメン(ラーメン天国)を食べたら、ホッと肩の力が抜けた。

これ以上は無理を感じたので、この先は汽車を使うことに。

実は、ボクの相棒(自転車)は幸運なことに折り畳み式だったのです。

ということで、まだ先が長いので、ここから先は汽車に自転車を積んで

さっさと天ヶ瀬温泉に向かうことにしました。

 

次は天ヶ瀬温泉で住み込み仲居さん

ボク

ボク
今回も前回と同様、旅館で住み込みの

『仲居』

のお仕事です。

派遣会社は、今までずっとお世話になっていた『ヒューマニック』さんをやめて。

今回は、『アプリリゾート』さんにお世話になります。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。