マグネティックアイランドの年越しパーティーに参加してみた

1ヶ月と1週間お世話になった、このクレイグ牧場とお別れの日の前夜。

この日クレイグが粋な計らいをしてくれたのだ。なんと、、、

これがオーストラリアのSUSHI!

こりゃSUSHI( ;∀;)ではないですか

ボクが

「米食いてー」

とよくこぼしていたのをしかと聞いてくれてたんすね💦

久々のジャパニーズフードに前にし、

ボクはたった3袋だけ所持していた即席みそ汁を

ここぞとばかりに皆に配る!(クレイグには断られた)笑

醤油と米は謎の外国産、

サーモンはスモークされていましたが、そんなの関係なく美味しく食らいつきました(´▽`*)

ワンコと心が繋がった!勝手にそんな気がする

ボクはお世話になった人達と動物達に挨拶をした、

中でも犬のオーリー君は断トツでイイ奴だったんだ。

最後にボクが
『オーリ―ボーイ!君は最高に頭がいい。だいすきだよ!!』

と伝えたんだ!!

すると

オーリーは今までにないほどに全体重をかけてボクに飛びついて来たんだ!

ボクは転ばされた、

凄く嬉しかった、今でもその時のことは明確に覚えている。

2ヶ月という短期間に出会いと別れの多さ

クレイグのパーティーバスで港まで送ってもらった、

互いに【See you again】と言い放ちボクはバスから降りる、

いつもクールなクレイグだが、この時ばかりは少し名残惜しい雰囲気を出していた。。

オーストラリアに来て今日でまだ2ヶ月ちょっと、、

こんなにも沢山の別れと出会いを繰り返し、

初めて訪れる場所で初めての経験の毎日は、2ヶ月とは思えないほどの濃ゆくて深い時間だった。

マグネティックアイランドへ出航!今夜はパーリーナイト

船はマグネティックアイランドにむけて進む

ウーフ中は山奥に住んでいた為、

この日は久々の外の世界に緊張です。

周りには沢山見知らぬ若者外国人が大騒ぎです、、

そう、この日は12月31日カウントダウンパーティーがこの島で行われるからだ、

普段は静かなこの島も今日だけは大勢が大騒ぎするんだ!!

今のボクはもう誰にも守られていない、

久々に一人になって一気に不安な気持ちが襲ってきた、、

自分がそんな顔をしているのが、鏡を見ていなくともよーくわかった(‘_’)

1人は不安、しかも今夜は野宿コース

島に上陸、約1か月ぶりの雨、雨男パワーは相変わらず健在なようだ。

恐竜が出そうだ!!(笑)

このような道を歩く歩く!

不安な顔で歩く、楽しみに来ているはずなのに~♪

目的地は

【Base Backpackers Hotel Magnetic Island】

というバックパッカーホテルだ、

なぜなら今日ここでパーティーが始まるらしいからだぜ!!

歩くこと20分くらいでしょうか、到着です!

思ってた以上にやばいデカいイベントだった…

空き部屋はなく、当然予約なしではチェックインできず、

今日は野宿コースとなった。

しかしこれは想定の範囲内だったので取り乱すことはなかった。

が。外が雨なのは想定外でした(>_<)

イイ感じ(>_<)

久々の外食にがっつくのさ🍖

うわああああああ

動画はこちら☟


動画の時間 2分33秒

どんちゃん騒ぎも終わり、深夜何時かも分からなくなっている頃、ボクは静まり返ったビーチで寝ることに。

謎のおじさんとサンドウィッチ

通りすがりのオジサンがサンドウィッチをくれてすぐに立ち去ったんだ、

深夜ビーチで知らない人からもらった食べ物、、

怖い気持ちは勿論あったが、それ以上に空腹に耐えきれず慎重になれなかったのでガッツきました。(その後も特に問題はない)

しばらくすると再びオジサンが戻ってきた。

『あさっての10AM!!またここに来てくれたらこの島を紹介ツアーをしてやるからよかったら来んね!!』

オジサンはそう言い残しまた去って行ってしまった。

年が明けてから初めて話した人は知らないオジサン、

最初に口にしたのはサンドウィッチ

寝る所はビーチ。

こんな感じで新たな年が始まったようです。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。