関門橋は自転車NG!カッコつけてフェリー(船)で九州とお別れ

大規模な帰宅~6日目の朝~

ボク

ボク
昨日は雨降りだったので、小倉で1日たっぷり休めた。

だから今日は朝からヤル気満々で、

さぁ行くぞ!って外出たら

まだ雨降ってる…

 

さよなら九州!関門海峡を越えて本州スタートは山口県

とはいえ、小雨だったので

とりあえず出発してみることにしました。

全力でこぎ続けていると、濡れた瞬時に強風で服が乾くので

小雨くらいなら、意外と支障なく先を進めることが出来そうです。

小倉から1時間も北上すれば、九州を抜けるための関門橋に到着します。

関門橋…自転車では走行不可なのね

あの橋を越えた先は本州かぁ。。

そう考えるとゾワゾワしてきます。

港に到着後、相変わらず何も調べてこなかったボクは

関門橋は「自動車専用道路」という事実を知ります。w

あわてて他の方法を調べると、意外にも2通りもの手段があったのです。

  1. 地下の海底トンネルを歩いて(自転車を押して)本州へ行く
  2. フェリーで本州へ行く

海底トンネルの料金は、わずか20円ほどですが、

今まで世話になった九州との別れに、トンネルは味気ないので、

カッコつけて船で九州を去ることにしました♪

旅してる感に浸りたいならフェリーに乗ろう

いまだに小雨は続いて、残念な天気ですが

船移動はワクワクです。

外の固いシートに腰かけて、動いていく景色を見て、1人で感傷に浸ります。

埼玉県まで、あとどのくらいだろう。

料金はボク400円+自転車クン250円の650円でした。

ケチって、20円で通行できるトンネルを選ばなくて良かったです。

横に長~い山口県は、自然多き国

下関には、た~くさん観光スポットがあって、

寄り道したい気持ちはありましたが、

自分が持っている体力と時間を考えると。

遊びたい気持ちをこらえ、山口市むけて自転車を漕ぎだします。

いつかまた、車か何かで再来しよう。

 

Googleマップでルートを確認すると、山口県はひたすら横に長いです!

道中、とつぜん小学生グループに挨拶される。(コレ田舎あるあるです)

どう見ても不審者なのに、ボクだったら避けて通りますw

子供たちはピュアですね~。。

雨も上がり、かれこれ3時間以上自転車を走らせていますが、

今のところ山口県は自然しかないイメージです。

ミニチュアの鉄道模型のような世界↑

特に立ち寄りたくなる様なスポットもないまま、

気づけば夕方、山口市に突入したようです。

幸せを感じる基準

ボクが走っているルートが悪いせいなのか?

この日は、街らしき街を1回も通りませんでした(笑)

あたりは暗くなってきて、

今夜も見知らぬ土地の見知らぬ橋を自転車で走行しています。

このまま走っていても、街どころか飲食店すら現れそうにないので、

今宵はお外で寝よう。

秋穂という超ローカルな地域の、とある場所で

真っ暗闇の中、音も立てづに忍ぶようにテントを張って中に荷物を置く。

そのままにして、スマホとお財布だけ持って周囲を探索する。

せめて夕食は、お店で温かい食事を頂きたかったけど、

コンビニで弁当とビールを買ってテントへと戻ります。(むしろコンビニがあっただけ有難い)

十分にウマい晩飯だ。

あ~、ここが日本で本当によかった。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。