ゴーラクプルからバラナシへ寝台電車で!駅のホームで乗り方が分からない

 

インドに入国してから1夜が過ぎた。

早くもカルチャーショックの連続を浴びせられたボクは、感傷にひたる暇もなく

目的地の「バラナシ」へと向かう。

しかし足のケガ(鬱血)がひどく、歩くのは平気だが、まともに立ち止まっていられない。

電車の切符を買うためには、推測30分以上かかりそうな大行列に並ぶ必要があった。

 

他に切符を購入する手段がないか考えていると…

 

幸いなことに、有名観光地でもないゴーラクプルにもツアーデスクは存在した!

手数料は高くつくが、切符の購入を代行してもらった。

 

インドの電車はマジで分かりづらいという話

インドの鉄道は出発するホームが急に変わったりして、

【非常にわかりずらい】

と話には聞いていたが、

本当にどこのホームで待っていれば良いのか分からなくなってしまった。

複数の人に尋ねてみるが、みんな答えがバラバラw

ややテンパりモードに入っていたところ、

自称【案内スタッフ】と称する1人の青年が話しかけてきた。

 


困っているの?助けは必要かい。

 

怪しい、怪しすぎるけど、ここは彼に頼るほかなさそうだ。

彼はポケットから名簿の様な用紙を取り出してこう言った。

 


予約番号と名前を教えて

 

それくらい言ったところで、何も悪いことはされないだろうと思ったボクは

正直に伝えた。

すると名簿からボクのデータを探し出してくれて、乗り場まで案内してくれた。

ボクの名前が載っている名簿を持っている時点で、

どうやら本当に青年は、駅で雇われている案内係りか何かだったのだろう。

ヘラヘラしていて真面目に働いていないし、Tシャツにジーパンのラフスタイルだし、

詐欺師かと疑ってしまった。

電車が来る数分前、再び目の前に先ほどの青年がやってきた。

 


君が乗る電車、プラットフォームが変わったよ、○番ホームに移動して!

 

アナウンスがあったのだろうか?全然聞き取れんw

ボクは赤子のように、ただ彼の言うとおりにするしかなかった。

おかげでバラナシ行きの電車を見逃すことなく、乗車することができた。

別のホームまで同行してくれた彼は言った。

 


自分が乗る車両分かる?心配じゃない?

座席まで案内したら、チャイを1杯奢ってくれる?

 

ボクは当然のように首を縦に振った。

そうして間違いなく、ボクが予約していたベッド席までたどり着いたので、

数十円ほどだが、チップ(チャイ代)を渡そうとしたとき。

 

彼の顔が引きつった。

 

そして1ルピーも受け取ることなく、恥ずかしそうに去っていってしまった。

なぜそんなリアクションをとったのか、すぐに分かった。

おそらくすぐ傍に、他のインド人がこちらを見ていたからです。

 

青年の心の声
『おいおい、なんか偉そうな人が見てるじゃないか?こんなところじゃチップもらえんじゃんかぁ』

 

そういうとこは、しっかり羞恥心を持っているインド人が可愛らしい。

 

人に迷惑をかけてもいい!インド人の教え

購入した座席は3Aというクラスで、エアコン付き三段ベッドの一番上でした。

乗車率120%を超えるインド名物の満員電車を経験してみたかったが、

体調を考慮して寝台クラス(ちょっと良い階級)をチョイスしました。

一番下のベッドには、別車両から入ってきた関係ないインド人達が勝手に座っている。

元々そのベッドを予約していた人は、それを嫌がることなく気にもとめていない。

人は自然の猛威には逆らえないように、人口の多いインドでも同じことが言える。

他人の迷惑をイチイチ気にしていてはキリがなく、身が持たないからだ。

 

電車の中で少し話したインド人は、他人の迷惑行為について、こう言っていました。

「人は人に迷惑をかけなければ生きていけない、私は人に迷惑をかける分、人の迷惑は大いに受け入れよう。」

 

日本だけでなく、多くの国は

「人に迷惑をかけちゃダメよ!」

このような教育が常識だと思いますが。

 

さすがはインド、観点が違いますね。

バラナシ駅は「し~ん」タクシーが話しかけてくれないw

5.6時間ベッドで横になっていると、電車はバラナシに到着。

ポカラで数日お世話になった【サンタナ】という日本人宿ですが、

ここバラナシに本店があるということで、そこへ向かおうと思うのだが。

駅を降りても、あの恒例となりつつあるタクシーの客引きが

 

こない!し~ん。。

 

いつもならここぞとばかりに、ドライバーたちが群がってくるのに、

バラナシ駅では全くもってゼロだった。

拍子抜けだ、というか逆にこちらから話しかけなければならない。

こんな顔してるからもう旅行者に見えなくなったか?w

暇そうにしているオートリキシャのアンちゃんに声をかける。

 

すると…

 

【サンタナ】に行ってくれない。w

 

どうしても自分が雇われているホテルへ連れて行きたいそうだ。

声をかけてくれないだけでなく、指定の場所にすら連れて行ってくれない。

インドの旅は、今までの常識がいっきに通用しなくなりました。

むしろ常識なんて持っていたら危険だと思います。

 

数分にわたり話し合いをした結果、

 

まずオートリキシャのアンちゃんが勧めるホテルまで行って、

「もし気に入らなければタクシー代は無料にする」

と言われたので、彼を信じてみることにした。

どっちみち「サンタナ」には連れて行ってくれないらしい…

もはや意地を張っているようにしか聞こえないw

 

そうしてついた先は、なんとインド人と結婚した日本人女性が営むホテルでした。

※ホテル名が思い出せません…ここまで書いておきながらゴメンナサイ※

ホテルの屋上

ホテルの屋上から見える景色

多少交渉はしましたが、

エアコン付き1人部屋で一泊500ルピー!しかもホテル内はどこも清潔ということで。

サンタナはやめて、このホテルに泊まることに。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。