インド・バラナシを歩いてみて…異文化について考えてみた

 

インドに入国してから、スノウリ、ゴーラクプル、を経由してここバラナシまで来たが、

どこに居ても

「日本と同じ地球上とは思えない世界が目の前にあります。」

ここバラナシもまた、異世界を歩いているかの様な感覚に陥ります。

 

インド・バラナシを散歩して思った異文化について

日本だってもし、鎖国が続いていたとしたら、日本に訪れた外国人は

「世界にはこんな文化があったなんて…異世界やぁ。」

びっくりリアクションをとるはずです。

インドの場合、鎖国こそしていませんが、

西洋文化が当たり前となりつつ現代で、インドの人たちは未だに独自の文化の中で、今という時間を生きています。

よって、ボクのような外国人はカルチャーショックを受けるわけです。。

 

西洋人観光客の口に合わせて、バーやレストランを展開すれば繁盛する見込みはあるのに、

インドはどこに行ってもメシはカレー屋しかないw

 

21世紀だというのに、トイレットペーパーは使わない…

砂ぼこりが立たない場所は無く、シャワーを浴びてもすぐ汚れる。

そもそもシャワーの水が清潔ではなく、何かが浮いていることも。

飯を食う店を間違えれば、即日お腹ピーピーコース。

すぐ話しかけてくる。

すぐ人の家族構成を聞いてくる。

キリがないのでこの辺で。。

 

そんなわけか、何をとっても強烈な印象しかないインドです。

 

日本で日頃、当たり前のように使っている椅子やテーブルは西洋文化です。

冷蔵庫や洗濯機などの電化製品や、国産自動車なんか世界でも高評価だけど、

もともとは全て海外発祥。

ハンバーグにピザやパスタ、ソフトクリームやチョコレートだって当然のように食べているけど、

本来わたしたち日本人にとって、もともとは異文化です。

 

当たり前のことを書いてしまいましたが、インドに居ると、日本の文化についても考えてしまいます。

日本で暮らしていたときは、生活の一部に外国産の要素が含まれていても、イチイチ自覚することはなかったのに。。

 

過去に、オーストラリアをワーホリ中に出会ったヨッピという青年が

インドの異文化ついて話してくれたことを思い出す。

彼からもらったインスピレーションがなければ、ボクはこうしてインドに訪れていることはなかっただろう。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。