初めてのインド「地球上にこんな所があったなんて」ボクの1人旅

 

インド側の国境の町の名前は

 

【スノウリ】

 

そこへ向かう前にまず、ネパール側で出国手続きです。

管理局は戸建ての小さな建物で、中はとても静かだった。

ボク以外には旅行者はおらず、1人でサクっと出国、これまでにない

あっけない出国だった。

 

そしてついに、インドへ入る門をくぐり抜けます。

 

ボクがインドに入って最初に思ったことは、

 


ち、地球上にこんな世界があったとは…

 

初めてのインドでボクが見たものとは

驚いたのは、ゴミの量です。

 

道路が見えないくらい放置されています。

 

砂埃に細かく劣化したプラスチック片のゴミが混ざり、風に舞っています。

 

面白いのが、

「入国審査はどこでやんの?」

 

って感じです。

 

なんの案内も無いし、警備もいないし、このまま黙って入国できちゃうよw

日本でインド観光ビザを取得する際は、色々と厳しい体制だったのに。。

現地はというと、この適当ぶり。

 

ボクは必死になって、管理局を探しました。

人に聞きながら、なんとかイミグレを行う小さな部屋に辿りつきます。

本当にここであっているのか?っとかなり不安でしたが。

しっかりパスポートにはハンコをもらったので間違いないと確信。

ビザ申請時には最初に訪れる都市名を【コルカタ】と記入していましたが。(ここはスノウリ)

とくに突っ込まれることなく、ひと安心。

 

無事インドに入国できたところだが、現地マネーが無いと始まらないということで。

インド国境付近の両替所は信用するべからず

そばにあった両替所にて、ネパールルピーをインドルピーに両替するのですが、

 

両替所のインド人

両替所のインド人
この先は両替所はおろかATMすらないよ。

両替するなら全額ここでやっておきな!

 

国境の両替は手数料が高いので、全額は避けたかった。

スノウリの荒れ果て具合から察すると

 

「この先はATMがない」

 

という教えを、普通なら信じてしまいそうですが。

ボクは疑ってかかり、バス代+α程度しか両替しなかった。

さっそくインド特有の、商売方法に巻き込まれている気がしたからです。

スノウリでバスの探し方や乗り方は簡単すぎる

最初の目的地は

 

「神聖なる土地・ヴァ―ラーナーシ」

 

といきたいところですが、自分の体力を考えて

スノウリからすぐ近くの街

「ゴーラクプル」

という街で一泊してから、ヴァラナシに向かうことにしました。

スノウリからゴーラクプルに向かうバスの探し方も面白い。

 

「ゴーラクプル!ゴーラクプル!」

 

と叫んでいる人を探すだけ、といったシンプルなシステムです。

看板や時刻表、予約や料金表なんてものはなく。

マイクロバスが数台並んでいるエリアに行き、ドライバーが目的地を連呼して集客する。

定員になり次第出発、といった具合だったw

バスに窓ガラスはついておらず、しばらく走行しているうちに、

外の砂ぼこりのせいで、顔も衣類もバックも全て白っぽくなります。

さっそくインドのウェルカムサービスを受けたようです。

 

途中休憩処に立ち寄りますが、ボクは衛生面でビビッてしまい、食べ物は一切口にできなかった。

数時間でゴーラクプルという街に到着した。

若干ではあるが、国境の街スノウリよりかはゴミの量が減ったし、店を選べば食べ物もいけそうだ。

ATMは簡単に見つかったし、国際銀行も難なく使うことができた。

やはり国境の両替所の男はウソをついていたようだ。

これからも用心深く、インドを旅する必要があると身をもって感じた。

静かに1人で落ち着ける場所がない

ネパールのポカラを出てからというものの、物価は上昇する一方で、

清潔感は悪化する(笑)

エアコン付きの宿は日本円で1泊2000円以上してしまうし、値切ろうとすると門前払いだ。

ネパールでは1泊500円くらいだったのに…

しかし、ここはカッコつけずに、エアコン付きの部屋を借りることにした。

世界一周旅行者や節約家のバックパッカーは、こんな状況でも最安値の超汚い宿にチェックインするから、たまげたもんだ。

金額が高めの部屋でも、シャワーはついておらず、桶に水をためて体を流すといった

21世紀の今でも、昔ながらのスタイルが定着している。

 

「コンコン、コン!コン!ココココココン!」

 

ボク

ボク
なんや?さっきから!

 

ドアを開けると、宿主の子供が色々と物を持ってきて、欲しい物は無いか見せてきた。

何かを買うまで一向に帰ってくれない。

追い払っても数分後にはまたやってくる。

部屋に入っても1人で落ち着くことが出来ない…

インド旅行は想像以上にタフさが求められるようだ。

インドに入国初日は、おとなしく部屋に引きこもり、時間が経つのをただ待っていました。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。