海外1人旅の途中では一時帰国してはいけない!ネパールの水が汚く感じる

 

ボク

ボク
まともに立っていられない程、

足の怪我は重症らしいw

しかし、なぜか人生に焦りを感じていたボクは、

日本で治療はせずに、モロッコに向けて再び歩き出します。

日本から再出発、はじめに向かった国はネパールでした。

 

足痛い…けど海外に行っていきます!まずはネパール

飛行機から見た景色

成田からネパールまでの直行便はなく、中国の上海を経由しました。

上海で1泊だけ宿泊したドミトリーでは、ブラジル人1人とノルウェー人2人と意気投合してしまった。

 

「夜の上海に繰り出そうぜ!」

 

ブラジル人が言った。

異国の地、多国籍な男性4人という奇妙な組み合わせで楽しい旅の始まりだ♪

そう思いたかったが、足の怪我の程が深刻過ぎてボクだけ行けなかった。。

自分のことは後回し、心底やさしい大学生

翌日の上海発ネパール・カトマンズ行きのフライトの機内では、たまたま隣に日本人が居合わせた。

地球の歩き方を大きく広げていたので、すぐに日本人だと分かった。

彼は大学生で1年間の休学中、大地震で被災した人たちを助けに行くことが目的だった。

ボクには目的などなく、しいて言うならsightseeingといったところだろうか。。

そのことを彼が知ると、

「ボランティア活動以外で、ネパールに行くことはダメだと思っていた…」

そうつぶやいた。

世の中には彼のような心底やさしい人間もいるということですね。

初めましてネパールはカトマンドゥ!

飛行機がトリブバン空港に着陸すると、自動販売機の様な機械で入国ビザを申請しました。

ネパールでは空港でビザの購入が可能です、滞在可能期間は15日でした。

空港からカトマンドゥの街までは5キロ以上あり、タクシーを利用することが一般的でした。

先ほどの隣の席の日本人学生と1台のタクシーをシェアすることになった。

1歩ゲートの外に出たら、客引きがガンガン押し寄せてくることくらい想像できたので、

カモられないように2人で入念にミーティングをする。

しかし実際は、そんなに気張る必要はなく、

到着ロビーには、やや怪しいニオイはするが、公営っぽい感じのタクシー手配デスクがありました。

ネパールの街並み

街の雰囲気は今までの東南アジアの景色とは違い、建物の色がやけにカラフルだったのを記憶しています。

不衛生には慣れていたはずなのに、一時帰国を挟めば日本の感覚

ボクはあらかじめ予約していたホテルにチェックインする、ここで飛行機内から一緒だった大学生とお別れ!

部屋は階段を上がって上がって最上階の8階…エレベーターはないw

宿からの眺め宿から見える景色

バスルームの蛇口をひねると、ちょろちょろと水圧が弱く、うすく赤みがかった鉄臭い水が出てきた。

東南アジアでも不衛生な宿泊施設に泊まってきたから、汚いのは慣れていたはずなのに、数週間でも一時帰国してしまうとダメだ。

すぐに慣れるはずと信じて、シャワーを浴びる。

足の傷口には汚水がふれないように、日本から持ってきたサランラップを巻いて体を洗う。

傷口を洗う時だけ飲料水を使う、こんな生活が始まったのです。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。