結局自分が1番か…ベトナム貧困層問題の答え探しに着地点はあるのか?

 

ボク

ボク
全身が怠い、

他の乗客たちは自由に床に寝そべっている。

ボクは固い木の椅子に腰かけたまま朝を迎えたようです。

 

貧困って嫌だ!黒く浅い自分と出会う

実は昨晩、横を通りすがる車掌さんに声をかけられました。

 

係員

係員
ベッド…あるよ!30$でどうだ?

 

従業員用のベッドを有料で貸してくれるというのだ!

もちろん不正な行いでしょう。

ボクはお尻の痛みに耐えられず、その言葉に乗ったのです。

周囲の乗客は、ガラッと顔色を変えて、

 

「この外国人、仲間だと思ったのに。結局金もってたんかい!」

 

という眼差しを向けられました。

ボクはそんなことより自分が楽になることを選びました。

 

しかし、ベッドルームに案内されたあと、ほんの数分後。

 

係員

係員
スマン!やっぱり元の席へ帰ってくれ。

30$は返す!

 

上司にバレたのか?

もしくは、もっと大金をはたく客でも見つけたのか?

 

理由は教えてくれなかったが、一瞬で元の格安車両に戻されてしまいました。

ボクは、さっきまで優しくしてくれた、貧困層の乗客を裏切るだけの、無駄な行いをしてしまったのです。

意外にも、ボクが席に戻ってくると、

乗客達は何も言わず、再びボクを優しく迎え入れてくれました。

ホッとした半面、心の中は

 

「また長時間この蒸し暑くい車両の中、この固い椅子に座らなきゃなんないのか。」

「貧困って嫌だ。」

 

そんな黒いことを思ってしまいました。

今まで日本という国で育ってきて、常識というものが培われてきましたが。

この車両に乗っている人たちからすれば、

 

ボクの中にある常識は『贅沢もいい所』です!

 

ボクが逆の立場で、毎回こんな移動手段しか出来ない経済力だったり、

環境下に置かれていることを想像したら、悲しくなります。

すぐ隣では、エアコンの効いた快適な車両があり、

更に奥には、ベッド付きの車両がある。

食堂はというと、その真逆方向で。

ボクが利用している最安車両に隣接している為、

腹を空かせた富裕層の人たちが、目の前を頻繁に行き来する。

服装は汚れていないスニーカーにジーンズ。

一方でボクの周囲の乗客は、

砂ぼこりが染みついた衣服に、ボロボロのサンダルを履いた人たちばかり。

 

なぜこんなにも貧困の差があるのか?

 

その答えがどうこうではなく、

結局自分は、楽な方に転がりたいと思うことしか出来ない。

そこには浅はかな自分しか居ませんでした。

そんなことを考えて頭をグルグルさせていたら、午前中には

ダナンに到着です。

ホイアンまで、市内バスで40分くらいかけて向かいます。

ランタンが美しい!ベトナムの人気観光地「ホイアン」

ホイアンはトゥボン川の河口付近に面する、

ランタンと歴史的建造物で有名な、静かで過ごしやすい街です。

ホイアンは外国人向けの観光業が盛んで、

  • 土産、雑貨屋

  • レストランやカフェ

  • 宿泊施設

などで埋め尽くされています。

夜になると、名物のランタンが光を放ち、街はお祭りモードと化します。

気のせいか、西洋人の観光客もハノイよりもずっと多くいた気がします。

ストリートダンサーの姿も!夜なのに、治安は極めて良好です。

どこまで買う?キリない物売り達を前に

オープンテラスの席で夕食を食べていると、物売りがやってきて、

手作りのアクセサリーなどを歩きながら、半ば強引に売っています。

ボクは必要なら購入するけど、情をもって買うことはありませんでした。

そんな複雑な感情で飯を食っていると、すぐ隣の席に座っていた同じアジア系の観光客は、

次から次へとやってくる物売りの商品を、全て断ること無く優しい笑顔で購入していました。

すでに彼の両手には、いっぱいの手作りアクセサリーや謎の置物が…

そのほとんどが、子供が作ったであろう、すぐに壊れてしまいそうな作りの完成度だった。

そんな断ることを知らない優しい観光客のもとには、

気づけば物凄い数の物売り達が集まっている。

もう手に負えない状況になった彼は、苦笑いを浮かべ店を出ていきました。

目の前の人を救おうと思っても、同じような環境に置かれた人は数多く、たった1人の力では収拾がつかない。

東南アジアの貧困層の前では、いくらキレイごとを並べても示しがつきません。

この状況下でも、ボクは自分の財布の中身を大事にしていました。。

1ダラープリーズ!それは前世や来世の自分の言葉かも

「1ダラー、プリーズ!」

そんな声がかかってきたら、相手の存在を自分の前世や来世の姿に置き換えてみる。

ずっと前、ボクがまだ高校生くらいの時です。

どこかの旅人のブログに書かれていた言葉です、なぜだか長いこと頭に残っています。

自分の前世は、もしかしたら彼らと同じように裸足で歩き、毎日1ドルで暮らしていたかもしれません。

もしくは来世、目の前にいる、恵まれない子供と同じ世界に生きているかもしれない。

そう思うことで、前世や来世の自分にお金をあげるつもりになれば、

迷いなく旅を進めることが出来る。

っていう考え方なんですが…

今思うと、

やっぱり自分のことにしか考えてない

という風にもとらえられますね。

結局、答えなんて見つかりません。

今回は真剣モードになってしまいましたが、

最後まで読んでくださり誠にありがとうございました。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。