バックパッカーは別にカッコよくない!1歩間違えば引きこもりと同じ

 

ボク

ボク
ホイアンでは2泊して

のんびり過ごさせて頂きました。

っていうかこの旅、のんびりしかしていない。

「モロッコの砂漠で寝転ぶ、そこまでの道中は行きたかった国に立ち寄る」

という目標以外は基本ノープランです。

旅も慣れてくると、

ただ毎日、自分は長距離移動しているだけ人

のように感じてきました。

 

バックパッカー旅行に慣れると海外引きこもりになる危険

ホイアンからホーチミンまで、再び電車に乗って移動します。

資金に余裕が無いわけではありませんが、予約時ツアーデスクの手違いがあり、

皮肉にもまた「最安クラスの車両」に乗り、

木の椅子で約20時間の移動を耐えることになりました。

ハノイやダナンの駅周辺には、

我や我やとタクシードライバーが客引きバトルを繰り広げていましたが、

ここホーチミンでは、個人タクシーはめっきり減り、

制服とバッチを身につけた、どこかの公認っぽい業者が、タクシー市場を仕切っていました。

ホーチミンの旧称はサイゴン、

ホーチミンはベトナムの首都と間違えやすいですが、首都はハノイです。

しかし人口は800万人を超え、経済成長率ではベトナム1の大都市です。

宿泊先は、日本のカプセルホテルの様な作りの宿


参考元:ホンコン カイテキ ホテル

にチェックインしました。

本当に快適です。

季節はちょうど雨季にあたっていたので、外はビックリするくらい蒸し暑い。

カイテキホテルはエアコンガンガン効いて、汗を沢山かいて汚れた衣類も格安料金で洗ってくれます。

Wi-Fiも高速サクサク。

宿がネーミングの通り快適すぎる為、ベトナムに来ているのに引きこもってしまう。

やることと言えば、夜のバーへ飲みに行くくらい、

カイテキホテルでたまたま居合わせた日本人と夜の街へ繰り出す。

 

なんだろう…

 

やる事と言えばそれくらい、

初めてベトナム(ハノイ)に訪れたときの感動はもうない。

ハノイでは刺激的だったナイトクラブも、

ホーチミンでは、いくら街へ繰り出してもボクの心はフラット状態です。

バックパッカー、旅人、トラベラー用語「沈没」

ある旅人が、とある街を過ごしやすい等の理由で気に入ってしまい、

旅を一時中断して、毎日ボーっと時間を過ごし、1つの街に長期滞在してしまうことを

トラベラーの間では俗に

「沈没」

っと言います。意味はそのまんまですね。

東南アジアは気候も良く、物価も安いためか、沈没しやすいエリアです。

バックパッカーは凄い?カッコイイ?イメージと現実

日本で生活している時は、

バックパッカースタイルで国々を1人旅することが

「凄い」「カッコイイ」

などというイメージを抱いていましたが。

いざやってみると、ヒマな時間が多く、ダラダラしようと思えばいくらでも出来てしまいます。

というわけでボクは、

とりあえず新しい街には1泊して、特別な経験が出来ないと思ったら、

そそくさと次の街へ移動するサイクルを決めました。

そうしなければ、ただの海外引きこもりになってしまいます。

バスで初の国境超え、ワクワクしたい!ただそれだけ

ハノイもホイアンもホーチミンも、有名観光スポットを歩くこと以外

特にやることが無かったので、各都市2泊ずつしか滞在しませんでした。

お次はカンボジアへとバスで移動します。

初めてのバス国境越えにワクワクします。

コレです!

初めての経験=ワクワクする

そもそも海外1人旅をしている根本的な理由は何か?

自分に自問自答すれば、それは単純に

ワクワクしたい

という超シンプルな答えが返ってきます。

ボクは本当におバカですが、素直に生きたいと思います。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。