カンボジアで果物を3つ買ったら恵まれない子供たちへ何か与えなくっちゃ

 

ボク

ボク
I have a fever…

薬か何かありますか?

ステイしていたホテル(リラリゾ)で

スタッフさんに尋ねてみるが、

「副作用の責任がとれないので、薬はあげられない」

と言われてしまった。

 

デング熱ではなかった!海外で体調不良の心細さ

カンボジアの日本人宿「リラック&リゾート アンコール」

まだ明るい時間帯、

急な高熱でアンコールワット観光を中断してホテルに帰ってきました。

この日は宿泊者たちが揃って、外でバーベキューをしていた。

ビールも解禁!楽しそう…

久しぶりに日本人と会って旅の話で盛り上がりたかったのに、

ボクは部屋のベッドで翌朝までぶっ倒れていましたw

結局しっかり水分補給して、食事もいっぱい摂ったので、

自然治癒で20時間後には熱も下がり、元気を取り戻しました。

正直デング熱には内心ビビッており、

蚊に刺されないように常に注意をはらっていたので、今回の熱はおそらく普通の風邪だと思います。

にしても海外で体調を崩した時の心細さは痛覚です。

お金ちょうだい!果物を3つ独り占めは許されんかった

体調は回復しても、再びアンコールワット遺跡群に行く気力までは無かったので、

ホテル(リラリゾ)近辺をプラプラ散歩して1日を過ごしました。

シエリムアップはインフラが整っていないため、道路はいまだに土の道が多くあって

しっかり足元を確認しないと、水の張ったくぼみにジャボンします。。

ホテルから徒歩10分圏内には、カンボジアの現地の方々が利用するマーケットに行くことが出来ます。

風邪を完治すべく、ビタミン摂取を心がけます

  • マンゴー
  • バナナ
  • りんご

を市場で購入。

これだけ買っても1$なので、安いと思っていたら

支払い途中に1人の子供が近寄ってきました。

そしていつもの調子で「お金ちょうだい」の手が出てきます。

いつもなら無視するんですが、今回はいやらしく買い物中を狙われたので、

 

『自分だけフルーツを3種類も買って、1人で食べるのは贅沢だ』

 

そんな風に思わされます。

ほんの少しだけ「1000リエル」日本円で30円くらいを1人の少年に渡しました。

つまらなそうな顔をする少年w

すると、どこから湧いて来たのか分からないが、一瞬で6人ほどのキッズ集団に囲まれてしまいました…

同じく数人に1000リエルずつ渡すと、サイフの中の細かい金は無くなりました。

あの時の旅行者のようです。

両手を広げて「もうあげれる物はない」サインを示し、ボクはマーケットから立ち去ります。

カンボジアの子供からは500円の時計が金持ちマーク

今回ボクは、1度きりのツーリストとしての立場でしたが、カンボジアに住む日本人の立場になって考えだすと…

  • 毎回同じことをするだろうか?
  • それとも断固拒否をつらぬくか?

あなたならどうしますか?

あげられるお金を持っていなくても、スニーカーを履いているだけで

 

「その靴いくらしたの?」

 

500円のカシオのチープな腕時計をしているだけで

 

「その時計いくら?」

 


4$だよ

 

「えぇ?じゃあ1$くらいくれたっていいじゃんケチ!(え~ん)」

 

子供たちは容赦なく、身につけているありとあらゆる物に対して突っ込んできますw

本やTVじゃ伝わらない!日本とカンボジアの生活レベルの差

日本からの距離はそう遠くないカンボジア。

同じ時間を生きているのに、日本とこんなにも生活レベルに差がある事実を、

TVではなく実際に眼で見て、肌で砂ぼこりを感じ、不衛生な食を内蔵で知る。

特別な何かをしたわけではありませんが、現地に訪れることで初めて触れた経験は、

意味があったはずです。

次はタイランドに向かいます!

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。