リゾートバイト3ヶ月逃げずに期間満了!それでも寒さからは逃げるボク

3ヵ月という期間は短いようで長いです!

この時期で、年齢も25歳となっておりました。

ボクが草津町に訪れたのは、高所のスッキリした空気が特徴的だった、心地よく昼寝ができる夏の終わりでした。

 草津温泉に住み込みバイト終了!寒いので次の目的地は

3カ月後、11月の草津はすでに雪ん子状態です!

標高が1000m以上の高所に、この町は存在するため、さんさんと降り積もります。まだ11月なのに朝の気温は氷点下です!超サムです。。

しかも、草津の地形は坂だらけなのです。足腰、かなり鍛えられます。

なので、この時期はボク自身も含めて、1日に何人もスリップする人を目撃します。

夜バーで飲んで酔っぱらった日には、寮まで帰れず雪の中で眠ったことあります…あ、ちゃんと生きてました。

派遣先のホテルには、北国は青森県の方も多く働いていたのですが、寒さに慣れている青森県民でさえ、

 

『ちょっと!青森より寒いんですけど…』

 

っと言って、凍えています!笑

 沖縄へワーホリしてくるわ

↑草津町付近の白根山より!標高2171m。

 

ボクの頭の中のもう1人のボクが、

アナザーボク

アナザーボク
ただでさえ寒い冬を、山奥で越すなんてやめんか~

と言ってきた。

 

ボクは生まれの育ちも関東ですが、本質は南の方の人間なのかもしれない。

放っておけば、南へ、南へと自然とカラダが心が向いていく。

顔もよく沖縄の人に間違われるし。

 

そうだ!沖縄へ行こう♪♪

 

12月からは沖縄で引き続きリゾートバイトをします。

というのも、初めから希望勤務地は沖縄でした!笑

>>ボクが沖縄へ行けなかったワケ

リゾバから逃げたい、辞めたい

怖い料理人たちに会うのがストレスで、

『仕事に行くのが嫌で逃げたい!』

と何回か思ったこともありますが、ここで逃げたら、次にまたリゾバするという、旅中のボクにとっては大事な選択肢の1つが減ってしまうから、期間内に辞めることだけは絶対的にできませんでした。

無事3ヶ月の期間満了

3ヵ月の期間を満了する頃、次の派遣先を決めるためにヒューマニックの担当者にTELを入れます。

当たり前ですが、今回は全国1000以上の求人から好きな土地、職種を選ぶことが出来ました。。初回はたった3件だけだった、ホントにFu※kです!w

この3ヵ月で、ワーホリで作った借金13万円の返済も無事支払い終えたし、加えて少しばかしの貯金すら作ることが出来たので、給料についてはコチラ→

財布に余裕が出来たボクは、あえて次の派遣先を決めていない状態で、とりあえず沖縄へ飛ぶことにしました♪

 

この時の気持ちは、【沖縄へワーホリ】です♪

 

もしかしたら、現地で面白い出会いがあってリゾバ(ヒューマニック)には頼らない別の形で仕事にありつけるかもしれないし、何があるか分からないから。

 リゾートバイトin草津~終えてみて

草津でのリゾバの記録をまとめると。

外に出なければ何もありませぬ、アクションを起こさなければ、金は貯まりますが、仕事だけの3カ月になってしまいます。

ボクの場合、記憶のほとんどは職場ではなく、行きつけのバーでの思い出だけです。

友達も、ひと秋の想い出も、全てそこから生まれました。

  • 仕事をこなし、
  • 稼いだ金で飲む、
  • 家賃はタダ、
  • 遊んでいるのにお金は貯まる
  • もし、環境に飽きたら次の街へ飛べる
  • 知らない土地で新しい経験が出来る
  • まとまった金額が貯まれば、再び海外へ

日本に居ながら、面白い出会いや経験を積めるし、貯金も出来るリゾートバイトの魅力に、これからボクはどっぷり浸かってしまいます。

※ちなみに草津町には電車は通っておりません、最寄り駅まではバスを使います。

 

3カ月ぶりに下山をして、次は全く環境の異なるところ、海抜数mくらいしかない島の生活へ行ってきます♪

2年にわたって冬から逃げる男

23才と夏が終わるころ、これから夏を迎えるオーストラリアへ飛んだ。

次の年、

25才のスタートと同時に訪れる冬は、日本最南端の島がある島々【沖縄県は八重山諸島】へ飛ぶことになる。

2年間も冬をスルーする。どんどん寒さから弱くなるこの体!

思いついた通りに動いてみようじゃないか♪♪

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。