離島の離島!沖縄県西表島から徒歩10分?の島で住み込みバイト

1週間ほど那覇でのんびり休日を楽しんだボクが、次に向かったリゾバの派遣先は。

西表島から泳いで歩いて10分の所にある、

【由布島】ユブジマ!

 

沖縄県でリゾートバイト!島間を徒歩で移動する初体験

沖縄でリゾバする際。

那覇以外だったら、結構沢山の住み込みバイト募集がありました。

しかしそのほとんどが、リゾートホテルの調理補助という案件が多く、

当たり前ですが、中抜けシフトばかりでした。

調理補助の仕事は、前回の派遣先(草津温泉)での経験から、もうやりたくなかったので、避けていたら面白そうな案件を発見しました。

由布島という離島の離島

引用元:http://www.yubujima.com/

 

リゾバの条件としては珍しく、

  • 8:30~17時までの通しシフト!(中抜けなし)
  • 仕事内容は、パーラーのスタッフ(カフェ的な感じ)

なんだかオシャレな響きだけど、そのロケーションがまたヤバそうな場所。。笑

由布島という小さな島を知っていますか?

沖縄県那覇市から由布島までの行き方

  1. 沖縄県那覇市から飛行機で石垣島へ
  2. 石垣島からバスで離島ターミナルへ

  3. フェリーで約40分西へ進み、西表島(大原港)へ

  4. バスに乗って30分くらい北上する
  5. 足元くらいまでの浅い海を、チャポチャポ歩いて由布島へゴール

『沖縄に住んでいる』

だからと言って、沖縄をひとくくりには出来ませんね。

那覇から由布島、めっちゃ遠いです。。

一応…ここ(由布島)は日本です

周囲およそ2キロの小さな島。

実際は、島というより砂が積み重なって出来た、大きな砂の塊の島です。

歩いても、島の端から端まで30分かかりません。

島一周も1時間弱で終わる。

人口は指で数えるほど。

ここに3ヶ月住み込みで働きます。

この景色…

一応日本ですよ~!!笑

島の中は亜熱帯植物園

由布島は、かつては多くの人が住む島でしたが。

現在は住む人もわずか、

島全体が亜熱帯植物園といて観光地化されています。

観光客はもちろん徒歩ではなく、水牛車に乗って島へ渡ります。

島内には、レストランとお土産屋さんくらいしか人口建造物はありません。

道は全て砂。

コンクリート舗装された道はありません。

足腰に優しいところです。

名物は、日本では珍しい蝶々や植物。

そして水牛さんたちです。

初日から衝撃が止まらない

歩いて入島という初体験で島に入り、この園の部長さんに挨拶をします。

屋根のないバギー車に乗せられて、ドコドコ土の道を走ること5分。

この日から住む部屋へ案内されます、平屋の一室を与えてもらえました。

第一印象は…

外でテントを張って寝た方がいいんじゃないかな?

っていうくらい汚い!

※著作権の関係で、一応モザイク処理をしています※

 

外の方がキレイでした。w

この日は、島の方々へ挨拶まわりがてら散歩をします。(このくらいしか、やることがなかった。)

コンビニもスーパーもないロケーション!

持って来ていた菓子パンとカップラーメンでこの晩は腹をみたし、

ネズミやゴキブリのフンまみれの部屋で眠りにつきました。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。