メルボルンのアートはオシャレ過ぎて意味わかんないレベル

 

ボク

ボク
枯れ葉がまんべんなく敷き詰められた美容室。

全身の9割以上がタトゥー人間など。

行き過ぎた個性は日本では変な人扱い、

メルボルンでは

『アーティスティックだね!』

と認められお金までもらえます

なので
そんなオシャンティーな街を撮影した、いくつかの写真を主にUPしたいと思います。

そして今回でメルボルンの話は最後です。

今までの記事に上がりきれなかった、細かい写真達をいっきに公開します。

 

オシャレを超えた?超えシャンティーたち

まずは外壁に描かれたアーティスティックな絵たちです♪

1枚目の写真は韓国のドラマ

【ごめん、愛してる】

でロケ地になっただけあって、韓国人のギャラリーも多かったです。

写真だけ見るとかなり危ないとこなんじゃ?

って思えるけど、メルボルンは大阪より安全な街なので安心してください(笑)

 

目に映ったオシャレな光景

映画泥棒がフードコートに!?

近づいてみたら人ではなく、そーゆーオブジェでした。

絵を描いている様が絵になっているよ(>_<

公園内にさりげなく?ひっそりと存在する小さな国

見えずらいですが、おじいちゃん達が巨大なチェスをしています、屋外で健康的やw

なんか、、、イイ(笑)

友人が作成した新型自転車用ヘルメット。

友人はこれを被り街を走っているだけで、

ドネーション(チップ)をもらいそうになったとかw

↓写真はボクです(^-^;

クレイジーなフェスティバル

オーストラリアでは

普段は何でもない土地に、ある限定の時期だけ(3日~6日くらい)

移動式の遊園地みたいなのがきます!!

それがメルボルンの夏にもやってきました。

ビフォー

アフター!建物にライトアップによる絵が出来てる。。

花火、、低いし近いし危ないw

フェスの動画:再生時間34秒

最後にバナナメロンパンのお話

この記事を最後にメルボルンの話はおしまいです。

最後に、

ボクが生まれて初めてパンを食べて感動した経験を

ちょいと挟みたいと思います。

シェアハウスで一緒に暮らしていたトゥム君!

彼は将来パン屋さんになりたいという夢を持っています。

そんなトゥム君が【バナナメロンパン】たる食べ物を創ってくれた!!

ただでさえバナナが入っていて変わったメロンパンだが、それだけじゃない。

生地を練る際、

トゥム君が好きな独特のミュージックを、スピーカで流して生地に聞かせます。

その間トゥム君は踊る!。。。

そうやって出来た【バナナメロンパン】

ひと口かじってみると、、

今まで経験した嫌な記憶も、逆に良かった想い出も、全て無くなってしまい。

思考の90%くらいが【バナナメロンパン】だけに…

かろうじて意識を保っていられる状態になる。

頭に中が【バナナメロンパン】一色に支配されてしまったのだ。

いつか大ヒットするに違いないトゥム君の【バナナメロンパン】

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。