中国南宁(南寧)市の観光と食事!ジュース1杯の注文が難しい

 

ボク

ボク
中国の南寧市には1日ステイします。

南寧市というのは中国のほんの1部の都市ですが、

今まで中国について知る機会は

TVや本、ネット上でしかありませんでしたので、

しっかりこの目で探検(観光)したいと思います。

 

南宁(南寧)市は超都会!でありながら生活感あふれる街

ボクがチェックインしたホテルのすぐ目の前には、このような門で隔てた住宅エリアがあります。

生活感が丸出しです。

一方で、すぐ近くには別世界の様な都会が広がります。

街を走るタクシーにも、ドライバーと客席を隔てるように鉄柵がついています…

決して治安が悪いわけでは無いと思いますが、

南寧の方は、色々と柵で区切るが好きなんでしょう。

 南寧市は企業も客も、みんなシャイなんです

南寧市街の方は、一見東京と変わらない都会感あふれた街並みです。

企業のプロモーションでしょうか?タスキをかけた女性たちがダンスを披露しますが、

シャイな中国人(通行人)たちは全く盛り上がりません(笑)

というか踊っている女性たちも、やらされている感を隠しきれていませんw

何ともシュールな絵でした。

 南寧市のグルメ事情は…

香港➜マカオ➜中国(珠海市)➜中国(南寧市)

ここまで数日間、残念ながら1度もウマい飯にありつけていません。

というわけで、

南寧のKFCに行ってみました。コーラが噴き出ています↑w

基本的には、その場所でしか味わえない、ローカルフードを主に食すスタイルで旅を進行していきますが。

たまには日本にもあるような、世界的チェーン店で食事も有りです♪

中国南寧市のケンタッキー(中国では肯徳基と書く)の味は…

 


悲しいことに評価はです。

【ケンタッキーなのに、テンションが上がらない味。】

という表現が正しいでしょうか?

なんとも味気ないKFCです。

コーラは相変わらず美味でした。

 

ガッカリ気分のボクの隣席では、男子中学生が女子をナンパしていました。

微笑ましい光景が見れたのでヨシとします。

さすが南国!果物やジュースは最高にウマかった

南寧は暑い国だからでしょうか、このような生絞りフルーツジュースの出店をよく見かけます。

普段の食事は美味しくないけど、果汁ジュースだけはメチャウマいです。

しかし、このジュースを注文するには毎回苦労を余儀なくされるのです。

生絞りジュースを売る店では、果物の種類が沢山書かれたメニューがあるのですが、

 

もちろん、コレ全て漢字表記です。

 

普通のレストランならメニューに指をさして

「これ下さい」

てきなジェスチャーをすれば注文は完結します。

しかし、屋台スタイルの出店では、

メニューは店員さんからは見えない外側の看板に書かれています。(日本で言えば、夏祭りの屋台で注文する時みたいな)

なので、口頭で飲みたい商品を伝えるしかありません。

ボクが話せる中国語は、「ニーハオ」と「謝謝」だけです。

どうしてもジュースを飲みたかったボクは、ズラズラと漢字で書かれたメニューをメモ帳に手書きで丸写しします。

そうして自分で書いた紙切れを、中の店員さんに見せて注文する。

という面倒な方法をとりました。

普段から漢字になれている日本人だからこそ出来る方法ですが、

もし英語圏の観光客だったら、漢字の写し書きなんて出来ないので、もっと苦戦していたでしょう。

寝台列車を初体験できる機会到来

南寧市を1日ぷらぷら探検したら、次の目的地は中国の成都市です。

約1,300㎞!

これは東京➜鹿児島ほどの距離です。

飛行機で行くような距離かもしれませんが、調べてみると、この区間は寝台列車が走っているようです。

1度は乗ってみたいと憧れていた、寝台列車に乗るチャンスが訪れました♪

日本では閉業しつつある寝台列車ですが、まさかのチャイナで経験することが出来ます。

成都市に向かう理由は、

バスマジックリンでも入れたんじゃないか?

ってくらい真っ青な色をした「九寨溝」と呼ばれる湖を見に行くためです。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。