親友がしれっと世界一周!?置いて行かれた敗北感と湧き上がる冒険心

ある日、最も親しき友が飛行機に乗って海の向こうに行ってしまった。。。

平成22年当時はまだfacebookよりもmixiが主流だったため、

ごく一般的な会社員だったボクは

日本から彼の更新するmixiから一年間目が離せなかった、

ワクワクと心配と敗北感と一緒に。

親友が世界一周から帰国した!

1年ぶりに彼に会う、緊張した。。

まず驚いたのはその姿!

髪の毛が肩ぐらいまで伸びているのを一本縛りしていて、

今までの旅を物語るかのような髪へのダメージ‼笑

冬なのに焦げた顔、、まるで格ゲーのキャラやないか!!

この時は話し方や雰囲気にオーラっていうやつか、そんなものをしっかり彼は持っていた。

旅の話はいっこうに終わる気配がない、なんせほぼ毎日新しい

  • 場所
  • 文化
  • 景色
  • ニオイ
  • 宿

こんなことが一年間だぜ(´・ω・`)

この時デカイ衝撃と共に、自分も彼と同じ位置でこんな会話をしたい、

つまり自分も、世界一周をして同等の経験値を積みたいと思うようになりました。

海外の1人旅を決めちゃいました

だって最も親しき友やからね。

なんでも一緒じゃなきゃね( `ー´)ノ

しかしながら22歳の若造がいきなり世界一周なんて

やっぱりどーしても怖かったから。。(親友はやり遂げたけどね)

自分はまず、

ワーキングホリデーVISAを使ってオーストラリアに1年ほど滞在してみることにします。

そして海外に慣れたあと、いろんな国へ行ってやろうと決めました‼

『僕のせいで君の人生を変えてしまってもうしわけない!』

彼はそう言った、

今後何度も、このセリフを親友が言うことになる!

そんなこと、この時はボクも親友も想像できなかったはずだ。

NEXT➜旅立ちの日!初めての海外1人旅初日でメンタル崩壊する男の話

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。