中国の秘境「九寨溝」で最も青い湖「五彩池」に行ってきた感想

 

ボク

ボク
ついに念願の九寨溝に行くことが出来る日が来ました。

初めて九寨溝の存在を知ったのは高校生くらいの時で…

そのときは

海外なんて一生行くことないかな?

ましてや中国の遥か山奥の九寨溝に行くのは無理かな?

なんて決めつけていましたが、

今では現地ツアーに乗り込んでまでして、九寨溝に訪れています。

 

九寨溝の奥地「五彩池」へ参る!丸1日贅沢に使う

ツアー2日目は、ほぼ完全自由行動です。

この仕組みは、日本のHISなどのパッケージツアーと似ていますね。

九寨溝の入り口までバスで数分、送り迎えしてもらい。

「あとは勝手に観光してね」

という感じでした。

最初だけ、英語を話せる香港人の女子に案内してもらい、途中から1人で山道を探索します。

徒歩&シャトルバスを使って自由に九寨溝を満喫

下流というかな?

下の方は、そこまでブルーではなく、いたって普通の山景色です。

日本のツアー団体もいくつか横を通り過ぎていきます。

どさくさに紛れて後をついっていったりしましたが、やっぱり1人が気楽で良いですね。

少しずつ水の色が青っぽくなってきます。

ツアーに申し込む際、ゲストハウスのスタッフが

「湖の水は絶対飲んじゃダメだよ」

とゴリ押ししていました。

「毒性の強いバクテリアでも潜んでいるのかなぁ?」

と勝手に思っていて、

生物は皆無なのかと思いきや。

小さな魚が元気よく泳いでます。

九寨溝は広いので、いくつかのエリアごとに分けて、シャトルバスが常時運行しています。

徒歩だけで全て回るのは、無理だったので、何回かバスを使って山を登っていきます。

自然のパワーには圧倒されます。

この滝を気に入ってしまい、しばらくここに居座っていました♪

トイレのシステムに衝撃を受ける

ここから少し汚物の話になります、苦手な方はご注意ください。

九寨溝の外に設置された簡易トイレは、

水を流す機能は一切無く、便器に大きなビニール袋がついているだけ!

つまりは、袋に入った大量の汚物を、燃えるゴミとして処分するのかな?

初めての経験で、凄くショックでした。

これを処理する清掃係は、頗る大変な仕事だと思いました…

美しい九寨溝の湖で、汚い話になり失礼いたしました。

五彩池へ到着!輝くような青さに疑問爆発

いくつかのエリアに分かれている九寨溝で、最も美しいとされる「五彩池」にやってきました。

うわ!本当に青いしキラキラしてます。

この日の天気は曇りでしたが、この青さです。

ここぞとばかりに周囲には人が密集しており、写真に観光客が写り込まないように撮影するのに精一杯でした。

ここには日本人も沢山いました。

この青さ…言われなくも飲むような真似はしないだろう。

水の中には、生き物もいないことから、触れることも危険なのだろうか?

泳いだらどうなるんだろう。

  • 全身ブルーマンみたいに変身?
  • クリーチャーみたいに突然変異?

してしまうんだろうか(笑)

いろいろ考えながら、しばらくこの青さに目を奪われていました。

火事レベル!温まる弁当箱ではなく…燃えるような弁当

昨日バスの中で、

「九寨溝の中は食事を摂るところがありません。弁当屋は高いので、各自お弁当的な物を持参していきましょうね!」

という案内がガイドさんからあったようです。(あとから香港人の2人に教えてもらう)

もちろんボクは理解するわけなく、手ぶらで来てしまいました。

なので昼食は、600円くらいの弁当を買いました。現地の物価ではやや高いかな?って感じです。

レトルトパックの中におかずが入っているのですが。

赤いBOXの中は2段構造で、

上段には白いご飯が入っており、下段には「謎の透明の液体」が入っていました。

意味が分からないアピールを表情で表現すると、

お店のオバチャンが「こうやるのさ!」といったドヤ顔で

謎の液体を袋から取り出して、弁当箱の底に注ぎました。

すると…

 

「早く床に起きなさい!!!」

 

と急かすように怒られました。(笑)

 

なんで?

 

のんびりしているボクは、ボケっとした顔で言われた通りに、弁当箱を地面に起きました。

数秒後には蒸気をあげて、手で持ってられない熱さまで加熱されました。。

こりゃ火傷レベルですw

こりゃ屋外専用ですねw

出来上がったのがコチラ!

ホカホカ弁当の完成です。

タケノコと山菜を辛くあえた物で、味も普通に美味でした♪

九寨溝の若い男女!チベット民族演劇舞踊ショー

九寨溝を各自で観光するフリータイムは朝から夕方まで!

かなり時間をとっていたらしいので、ボクは集合時間の1時間前以上から、九寨溝の入り口で待機していました。

ホテルに帰る前に九寨溝の民族演劇舞踊ショーを観覧しました(強制参加)。

ビックリするくらい、美男美女が多かったです!

劇の内容も「お見合い」というか「結婚」がテーマみたいな雰囲気で、

複数の男女が惹かれあうといった、真剣ストーリーだけど、

ときに笑いもアリで日本人のボクでも楽しめる内容でした。

夜はホテルに戻り、再びイヤな従業員が作るホテルの冷めたメシを食わされます…

成都に来て美味しくない食事はこのホテルだけです(笑)

なので、この日の夕食もホテルの食事を放棄して、外食をします。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。