そば派のボクがうどんの魅力を理解したワケ!人生初お辞儀をして入る銭湯

大規模な帰宅~11日目の朝~

は残念ながら雨の1日で、今治のゲストハウス「シクロの家」に連泊します。

この旅で3回目の雨です、足が止まります。

ダラダラして、特に書くこともなかったので…

大規模な帰宅~12日目の朝~

ボク

ボク
丸1日休憩をとって、

全回復どころか、以前に増して力がみなぎったボクは、

絶好調で香川県へと向かいます。

 

香川県めざして出発!うどん屋だらけの道

この日は朝早くに、今治城をちょこっと観光します。

お城へ向かう途中、ビックリする展開が待ち受けていましたw

 

通りすがりの人

通りすがりの人
Where you going?

you like japan?

どこ行くんだい?日本は好きかい?

 


今治城ですけど、、はい、日本は好きです。

 


あ…

 

完全に外国人に見られていましたw

親切に城までの道を教えてようとしたオジサンですが、

普通に日本語で返答してしまって申し訳なかったッス。

「外人になりきっておけば良かった」

と、後悔するボクでしたw

100円で泊まれる!一の宮公園キャンプ場

天気もいいし♪気持ちを切り替えて、東の方角へ進みます。

この日、予定しているルートはこんな感じです↓

さっそく、
「シクロの家」のオーナーさんから頂いた情報サイト

「はちのす」

を利用してキャンプ場を検索すると、

ちょうど100キロ進んだ先に「一の宮公園キャンプ場」という、

100円で泊まれるキャンプ場を発見したので、そこへ向かおうと思います。

愛媛から香川までの道は、比較的アップダウンも少なく、

のどかな風景の中を走行できます。

さっきから頻繁に目に入ってくるウドン屋さんがあります。

コンビニばりに店舗数が多いんじゃないかってくらい。(ちょっとおおげさ)

 そば派だったボクがうどんの魅力を知った

「がんば亭」

愛媛では有名チェーン店なのか?

うどん県の香川のとなりだけあってか、他にもウドン屋は多数存在しました。

「がんば亭」を目撃したは計3回、

お腹も空いてきていたし、丁度良いタイミングで入店します。

中は至って普通のセルフうどん店なのですが、、

うどんのクオリティーはさすが!と言いたくなるほどウマかったです。

育ちが関東なボクは、ウドンよりソバ派でしたが。

ここにきて、うどんの良さを初めて知った気がします。

店を出るときに、謎な点が1つありました。

店員さんが、元気な声で

「がんばって!」

と、たまに言うのですが。

言われる人と、言われない人がいました。

ボクは言われませんでした。

どなたか、愛媛の「がんば亭」に詳しい方、教えて欲しいです(笑)気になる

車は急に止まれた!交通事故寸前で心臓バクバク体験

美味しいウドンでお腹もふくれて幸せな気持ちで再出発!

そのとき事件は起きました。

反対車線に行きたかったボクは、自転車からおり

自転車を押して青信号の横断歩道を歩いて渡っていました。

すると、おばあさんが運転する右折車がボクの存在に気づかず

10㎝くらいの超ギリギリでなんとか急停車しました。

おばあさんもビックリしていましたが、

ボクの心臓は爆発するんじゃないか?ってくらいバクバク鳴りました。

長崎から埼玉まで帰宅するのに、危なかったことは唯一コレくらいですが、

まさか自転車を走行中ではなく、徒歩中に危険な目に合うとは思ってもいなかったです。

「何が起こるか分からない」

よく聞く言葉ですが、本当にそうだと思います。

良きことも、悪きことも、突然として起こりゆるものだと実感しました。

車が急停車した瞬間、思わず両手をあげて外国人の様なジェスチャーをしてしまったので、

おそらくあのお婆さんは、家に帰って家族にこう言ったでしょうw

「今日ね、外国人の男性を車で引きそうになっちゃったの。。」

パンクするかも!知っていながらも景色を優先

へいたんな道が続いていましたが、

少しだけ小さな山を越えなければならないルートに入りました。

瀬戸内海の景色は、

他国にはない、日本の浮世絵に登場するような、見る人を引き込む魅力があります。

てっぺんに着くと、景色を見ながらダァーっと一気に山を下っていきます。

道路には細かい小石が沢山転がっていたので、

「路面みながら走らないと、パンクしそうだなぁ~」

とは思っていたのですが、

景色が良すぎるもので…

この最高なロケーションで、下を見ながら走行するのはもったいないと思い、

景色を楽しみながら山を下っていきました♪

 

すると、やはりパンクしました(´▽`

 

しかし取り乱すことはありません、

ちゃんとパンク修理キットを準備しております。

オーストラリアで散々パンク修理をこなしてきたので、もう修理は慣れっこです。

中のチューブを取り出し、穴の位置を確かめ、

いざゴムのりを塗ろうとしたとき…

カッピカピやないか~い✋

以前使用したあと、キャップをしっかり閉めていなかったため、

のりが完全に乾いていました。

ボクはただのゴミを、大事にここまで持って来ていたのでした(笑)

コーナンが救いの神様に見える

だからといって落ち込む必要は数ミリもございません。

せっかくの下り坂ですが、自転車を押して下っていきます。

「ホムセンが見つかるまで歩き続ければ良いだけの話」

見つからなければ、その辺で野宿すればいいのです。

1時間半ほど歩くと、「コーナン土居店」というホムセンを発見。

新たにゴムのりを買い直して、パンク修理を無事完了させます。

香川県に入りました

歩いた分、だいぶ時間をロスしてしまったので、

この後はスピードを上げて目的地の「一の宮キャンプ場」へ向かいます。

香川県に入県!
さすが!同時にうどん屋があるねw

意外と早く、夕方にキャンプ場に到着したボクは、

汗を流すため、風呂を探します。

小さな銭湯などは、Googleマップにも載っておらず、

自力で探す必要があります。

30分くらいキャンプ場の周辺を探索していると、偶然にも

こじんまりした銭湯を発見します。

お辞儀して風呂に入る!人生初の緊張感MAXの銭湯

TVゲーム「がんばれゴエモン」(ボクと同世代の男子ならわかるはずw)

に登場しそうな「ゆ」を発見!

ウキウキして中に入ると、ボクの表情はいっきに緊張面になりますw

ななななんと、

脱衣所にいるお客さんの9割(ほとんどです)の人が、

背中や肩に美しい絵を持っていたのです。

 

「あれ、完全に浮いている…」

 

明らかによそ者感あふれたボクは、

一礼をしてから風呂の扉を開けます。

風呂場の中も同様に、皆さん立派な絵を持ってらっしゃいます。

素人のボクでも分かりますが、タトゥーなんて可愛いもんじゃありません。。

そそうのないように常に腰を低めにして、めっちゃ低姿勢で銭湯を利用しました(笑

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。