4年間の時間を自分の好きに使って自由に生きた結果

ワーホリから始まって、気づけば4年間も思うがまま行動していました。

「ほんの少しだけ、1年くらい会社員をやめて好きなことしてやろう!」

そんなささやかな欲望が、歯止めをなくしたかのようにズルズルと膨れ上がっていき、

エネルギーが尽きるまで、好きなこと(旅)をやめれませんでした。

韓国から帰国したボクは、旅することにも疲れ果てて、宮崎県のとある街で1人暮らしています。

やっと今のことを書けるようになりました。

というのも、このブログはタイトルを見れば推測がつくかと思いますが、

過去のことを書いたものです。

書いている最中に何度も心の中で、

 

「過去のことを書いていて、何の意味があるんだろう。」

 

と自問自答を繰り返して、書くのをやめようと思ったことが多々ありました。

リアルタイムだと思って読んでくれていた方、勘違いさせてゴメンナサイ。

 

宮崎に移住した理由は、よく聞かれますが、

「なんとなくです。」

以前リゾバで鹿児島と大分に住んだことがあって、九州はとても住みやすい所だなと感じていました。

「宮崎も近県だし、行ったこと無いけど絶対イイところでしょ?」

という相変わらず計画性のない判断でしたが、

ボクの直感は的中です。

1年以上宮崎に住んでいますが、この県にはまだまだ好きになる要素が沢山あります。

4年間自分に素直になってみて気が付いたことは、

欲望が減った

好き放題やってきたから、欲が減るというのは当たり前かもしれませんが、

ボクと同世代の人や年上の先輩が、

「遊びたい!遊び足りない!」

っと話しているのを耳にすると、全く会話が噛み合いません。

初めに想像していた未来像は変わらない

4年前のボクは、東京から逃れて田舎でのんびりした生活を送りたいと思っていました。

4年間も放浪しても、その考えは変わらずに、今はこうして都会とは程遠い場所で生きています。

宮崎にIターンした当初は、普通に会社員として働きだしましたが、半年で退職しました。

現在の仕事は、フリーランスでWebサイトを作る仕事をしています。

本腰を入れてゼロからWebを学びました。

この仕事は、かつては憧れていたけど、頭の悪い自分には到底不可能だと決めつけていました。

4年かけてグルっと一周回って、最終的に気づいたことは、

やりたいことはあったのに、諦めて他の難易度の優しい道を探していただけでした。

  1. 田舎暮らしがしたい
  2. PC1台で好きな時と場所で働きたい

答えはずっと昔から知っていた、4年後はそれと真剣に向き合うようになった、

ただそれだけです。

自分には会社員が務まらないことも、変わっていませんでした。

今度はあげる番

4年間の旅で、ボクは本当に沢山の恩を受けるばかりでした。

人を裏切ったり傷つけたり、悪いことも多くしてきたのにも関わらず。

このブログで書ききれない程、人に優しくされまくって感謝してもしきれない状態です。

どうやら貰い過ぎたようです。

だから今度はボクがあげる番です。

自分への欲望は減ったけど、誰かに何かをしてあげたい欲が増えました。

さいごに

当ブログを、1ページでも見て下さった方、何十ページも見て下さった方、

本当にありがとうございます。

メッセージをくれた方、とても嬉しかったです。

こんなボクのブログを見て、実際に旅を始められた方もいらっしゃるみたいで、

大変恐縮です。

それでは、ボクの長~いヒトリゴトはこれで終わりになります。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。