中国には電動スクーターしか走っていない!理由を現地人に聞いてみた

 

ボク

ボク
朝ゆ~っくりと目覚める。

久々に旅が1人プレイになった気がする。

世界を旅するなら、やってみたいことがありました。

それは何にもしない日を過ごすことです。

 

海外旅行なのに!何もしない1日を作ってみた

普通の海外旅行なら、濃密なスケジュールを作成して、

現地では時間に追われるように、慌ただしく海外旅行を過ごすこともあると思います。

「せっかく中国の成都という街に来ているのに、何もしないのは勿体ない」

と思われるかもですが。

ボクはまるで日本に居る時の、のんびりした休日を過ごすかのように、何もしない1日を作りました。

無職、ニートを強引に正当化

朝起きる時間帯は素直に身体にお任せます。

ハーフパンツににサンダル、遠くには行かない格好です。

でもしっかりオシャレはしたいので、上半身はTシャツではなく、襟付きシャツを身にまといます。

昼前くらいにやっと動き出し、ゲストハウスを出てすぐ目の前にあるパン屋さんで、

適当にパンとジュースを買い、イートインスペースで食べる。

注文の際、パン屋で働く中国人の女の子と2秒以上も目が合って笑みを頂く。

もはや目が合うのではなく、見つめ合っている状況がなんとも言えないし、実際なんにも言えない。

ほんわかした気持ちでゲストハウスに戻ると、

ボクと同じように、時間をのんびり使う多国籍なゲスト達と雑談が始まる。

たいてい内容は

 

「どっからきた?」

「仕事は何してる?」

「この街にはいつからいる?何してる?いつ帰る?次はどこ行く?」

 

会話のきっかけは日本も外国も同じような感じです。

できるだけ脳ミソを使わないようにして、丸1日を贅沢につぶす!

これが意外と充実した時間だったりします。

 

頑張って…格好つけて…

ニートと同じ状態を正当化してみました(笑)

金銭感覚のコントロールが難しい

何もしない1日をしっかり味わったあとは、次の街へ移動の支度をします。

街というか次の国ですね!

小説-深夜特急」に習って、次はベトナムへ向かいますが。

横になれる寝台列車とはいえ、あのクソ長い時間(丸2日)を再び味わう勇気と元気がなかったので、

移動手段はお金(飛行機)を使いました。

この旅では、なるべく資金は抑えるように努めていますが、

ツアーなどで1度に大金を支払ってしまうと、

 


1万円も2万円も変わらん変わらん♪

 

といった具合に、調子に乗って金銭感覚が狂ってしまうのが、ボクの悪いところです。

中国で電動スクーターしか見なかった理由が明らかに…

ベトナム-ハノイ行きのフライトを待つゲートで、

さっきからジロジロとボクを見ては、やたら距離感が近い男性が気になっていました。

 

謎の男性
「あなた日本人でしょ?」

 


・・・《うなずくだけ》

 

いきなり謎の中国人に、パーソナルエリアを土足で踏み込まれてしまいました。

ボクの顔もひきつっていますw

この方、以前は日本の企業に勤めていたらしく、とにかく日本語でお喋りしたいワケなのです。。

しかしこれは良い機会だと思ったので、

なぜ中国には電動スクーターしか走っていないのか?

日本語の説明を求めることにしました♪

ボクは珠海市、南寧市、成都市の3都市を旅してきましたが、ガソリン車(バイク)は皆無でした。

なんとこれら、全部電動スクーターです!!!

中国南部やベトナムなどの東南アジアでは、

自動車よりも小型バイクの方が個人の所持率を上回っています。

そして、日本語ペラペラの中国人から頂いた回答は…

 

「CO2削減の為、2012年くらいから政府が徐々に定めたこと」

 

らしいのですが、

この甚大な面積と人口を誇る中国を統一する、政府の力の凄さを改めて知ることになりました!

 


みんなノーヘルだったりするけど、その辺の法律はどうなの?

 

「本当はヘルメット着用が義務付けられているが、13億人みんなでノーヘルすれば怖くない」

 

という回答を頂きました。。

赤信号、みんなで渡れば怖くない!的な?w

電動スクーターには従うけど、せめてもの反抗が

「ノーヘル」

という面白カワイイ中国人の動向を知って、ほっこりした気持ちになりました。

ずっと気になっていたことなので、まさかの中国を去るタイミングで知れて有難く思います。

それなのに、ひきつった顔してゴメンナサイ!

扉の向こうはベトナム

飛行機が着陸して、一歩外に出ればそこはベトナムという異国。

到着は夕方過ぎの暗くなってからなので、やや不安がありました。

しかし、まだまだ日本とそう離れていない国だし、治安を心配するには早すぎる!

これから先は東南アジア諸国はもちろん、アフリカにも足を踏み入れる予定なのに、

ここでビビっていては話になりません。

むしろワクワク♪楽しむ気持ちで突き進みます。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。