海外で初めて野犬に勝負を挑まれた時の話…inインド・ジャイプル

 

ボク

ボク
アーグラからジャイプルまでは、バスで5時間もかからないと聞いたから、

日が沈む前には到着できそうだ。

しかし自分の体力値というものを、この日のボクは理解していなかった。

 

え?後ろの犬もしかしてボクに向かって吠えている?

昨夜は寝台列車で夜をすごし、そのまま午前中はタージマハルを観光。

さらにバス移動となれば、怪我している足が悲鳴を言わないわけが無い。

もっとも辛いのは足ではなく、貧血だ。

血が体全体に上手くめぐってこないから、ぶっ倒れそうになる。

 

バスがジャイプルに着くころには、宿を探して歩き回るだけで嫌になる。

何も調べてこなかったボクは、

オフライン地図アプリ「MAPS.ME」の中にある宿情報だけを頼りにさまよい歩く。

たどり着いた先は、ちょっとリッチなホテル街だった。

恐る恐る中に入って料金を確認すると、1泊3500円ほどするホテルだった。

バックパッカースタイルでインドでこれほどの金額は、もはや高級ホテル並みです。

 

付近のホテルを4軒回ったが、どこも同じような金額。

この辺りで泊まることは諦めて、別のエリアまで歩くことにしたが、

ここで自分が想像以上に弱っていることに、あることをきっかけに思い知らされた。

それは、この旅で初めて犬に吠えられたことだ。

 

狂犬病が恐ろしいので、ボクはいつも

「イヌコロなんぞに負けるか!」

と強気でいました。

東南アジアにネパールやインド、今まで吠えられることなんてなかった無かったのに。

 

今まさに後ろから犬の吠える音が鳴りやまない。。

 

まさか自分のことではないはずだと、振り返ってみると、

しっかり威嚇されていた。

しかもそこまで大きくない一般的サイズな野良犬に。

犬には分かるのだ、この時ボクが心身弱り切っていることを。

 

オーストラリアを放浪中にも、歩き疲れて弱っていたとき、鳥に襲われそうになったことがある。

動物はバカではない。

しっかり人間を観察しているのだ。

 

ボクは持っていた飲みかけのペットボトルを振り回して、なめてかかってきた犬を追い払う。

一度追いやっても、しばらくすると後をついてきた再び吠えられる。

それを繰り返していくうちに、

 

「もうこれ以上宿さがしは危険だ、さっきのお高いホテルへ泊まろう」

 

そう思い、さきほど断った4軒のホテルのうちで、1番スタッフが温かかった所へ戻った。

1泊3000円クラスは、インドにいることを忘れてしまいそうになるくらい清潔で、

エアコンはガンガン効いて、Wi-Fiはビュンビュン。

シャワーの水圧も強くお湯もでる。

いったん心休まったところで、日が沈む前に水を買いに行くことにした。

ホテルからは徒歩数秒、目の前にある小さな売店へ、半ズボンにサンダルで出かけた。

この服装のチョイスが、再び恐怖を味わうことになった。

足元を守る装備の大切さ

日本では心配の少ないことですが、海外では

狂犬病、マラリア、ベッドバグなど、

これらの危険から身を守る必要があります。

なのでボクは本当に心を許した(安全だと思った)場でしか、半ズボンになったりサンダルを履いたり、肌を出すことは極力ありませんでした。

どんなに蒸し暑くても。

いつもジーパン姿に、靴はクルブシまで守ってくれる厚めのトレッキングシューズを履いています。

 

すぐ目の前の店に水を買いにいくだけだから、ラフな部屋着で出かけたところ…

ふたたび犬に吠えられる、1日で二回も、しかも今回のワンコは黒毛のデカい奴だw

さらにボクの足元は無防備だ。

ガブっと一発クルブシを噛まれたら終わる…

1対1の緊迫した空気に包まれる。

当然ながら、この時ボクが所持していたアイテムは小銭と部屋の鍵だけ。

とても戦える装備ではない。

鍵をチャラチャラ振り回したり、地面を踏みつけたりして犬を威嚇したが、

効果はいまひとつ、というか余計になめられる。

ビビッってしまったボクの心拍数の速さまで、犬はお見通しのように少し勝ち誇った様子で吠え続ける。

そしてさらに状況は悪化する。

 

店の扉は鍵が閉まっていて開かない…

 

日は沈むころ、当然閉店の時間だ。

海外で犬にかまれ、病院送りにされたという旅人仲間の悲話を思い出す。

終わった。生きた心地がしないとはこういうことか。

 

「何か欲しい物あるのかい?今開けるからちょっと待ってな。」

 

店の隅っこの方から、女性の声が聞こえてきた。

 

助かった。

 

しかし、「ちょっと待ってな。」と言った女性は、神様にお祈り中だった。

それが終わるまでは、この狂犬とにらみ合いで負けるわけにはいかない。

数分後だろうか?かなり長く感じたが、

ようやく店を開けてくれて、ボクは犬に背中を見せないように後ろ歩きで入店した。

店主とボクが仲良く会話しているのを確認したのか、犬はどこかへ去っていった。

さいごに

今回はじめて海外で犬に戦いを挑まれました。

1対1だったし、逃げる所もあったから良かったものの、

もし集団のイヌ達に、逃げも隠れもできない何もないフィールドで襲われていたら、やられていたかもしれません。

野犬に襲われるリスクが極めて少ない日本という島国が、あらためて安全なところだと実感させられました。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。